クラリスロマイシンで対抗

クラビットは性病のクラミジアに対して有効な治療薬ですが、幅広い症状にも対応できるためよく利用されています。

クラビットの効果と副作用

クラビットの効果

幅広い効果を持つ用途の広い抗菌薬

クラビットは有効成分レボフロキサシン水和物を主成分としており、日本の第一三共株式会社が開発販売しています。製品名であるクラビットですが、CRAVE→熱望、ITの意味を持っており、待望されていていく品だという事がわかります。抗生物質の中でもニューキロノン系に分類されており、合成抗菌剤として多くの感染症の治療薬として活躍しています。

他の抗生物質と同じで細菌に対して有効的でウィルスや真菌などには効果的ではありません。性病のクラミジアをはじめにマイコプラズマや、レジオネラ、グラム陽性菌、陰性菌などに対して有効です。これらの細菌による尿路感染症や、咽頭の感染症、皮膚の感染症、耳鼻科や、眼科などで幅広く活用されています。インフルエンザなどはウィルスによる感染の為有効的ではありませんが、細菌の二次感染などの予防などに使われる場合もあります。

クラビットの効果2

主成分であるレボフロキサシンは細菌のDNA(遺伝子情報物質)が増殖することを阻害し殺菌的に働きます。このDNAですが、DNAジャイレース、Ⅳ型トポイソメラーゼの2つのDNAトポイソメラーゼを阻害してくれます。グラム陽性菌だけではなく、グラム陰性菌両方に活性化があり、幅広い抗菌スペクトルを持っている為多くの診療科で活躍しているのです。

通常風邪などはウィルスなので抗生物質は有効的ではありませんが、細菌による感染症などを防いだり抑えるために処方されることがあり、高濃度では殺菌としても活用されています。 クラリスロマイシンジスロマックとと同様にクラミジア治療の選択肢としてあげられますが、同じ抗生物質でもより広い菌に対して効力を持っており、国内でも最も使用されている抗生物質の一つとなっているのです。

クラビットの使用方法

クラビットの使用方法

症状や感染箇所、年齢などによって服用方法は異なりますが、一般的に1日500mgを一回、水ま湯はぬるま湯で飲んでください(250mg×2)。クラミジアに感染している場合は1週間服用を続けて下さい。重度の症状であれば1日750mgを1回×3日続けましょう。小児の場合は、医師などに相談してください。妊婦や小さい子供には用いられることはなく、特に妊婦や授乳期に対して使用禁忌の薬となっています。

クラビットの副作用

クラビットは副作用が少ないほうですが、発疹が出たり下痢などが続いた場合は服用を中止し医師に相談してください。同じキノロン系は光線過敏症を起こす可能性もあります。太陽の光に当たった皮膚が赤くなったり、重症の場合は水ぶくれなどになってしまう事もあります。皮膚の弱い人などが長期使用する場合は、太陽の光を直接浴びることなどは避けましょう。重度な副作用はめったにありませんがもし感じた場合も服用をやめ医師に相談してください。

購入方法

クラリスロマイシンやジスロマックと同じようにクラビットも日本国内では処方箋薬となっており、ドラッグストアなどで購入することができません。購入には処方箋が必ず必要なのですが、海外の医薬品で一般的に売られているものであれば通販で購入することができます。個人輸入になるのですが、代行サイトなどを利用することで通常の通販と同じようにスマホやPCなどで簡単に買うことができます。通販での購入は病院へ行かなくても購入できることから常備薬として人気となっています。

ジェネリック

クラビットを通販で購入する場合ですが、ジェネリックを選択することで非常に安価に購入することができます。同じ有効成分を含んでいるので、同等の効能や効果ですので安心して選ぶことができます。クラビットのジェネリックで有名なのがLQuinという商品で1錠100円以下で販売されているのでお手頃となっています。

Return Top