クラリスロマイシンで対抗

淋病もまた感染者の多い性病として認識をされています。こちらは女性よりも男性の方が感染者の数が多いです。

淋病の症状と治療薬

淋病の症状と治療薬

淋病は淋菌によって発症する性病で、性行為によって感染しますが、稀に菌が付着したタオルや手などから目に感染することがあります。感染率は約30%で、1984年を境に減少していきましたが、1990年代中旬からまた増えつつあるのです。クラミジアと同時に感染している場合も多く、その割合は20%~30%ほどです。潜伏は2日から10日と考えられています。淋病の淋という字ですが、淋しいと捉えがちですが実はそうではなく、雨の林で葉っぱから、ぽたぽたと雫が落ちるイメージと、淋病になった時に尿がぽたぽたとしか出ないイメージから名前が付けられたと考えられてるのです。

性行為で感染するのですが、性器の挿入だけでなく性器を舐めるなどの行為でも感染してしまいます。淋菌は弱い菌で粘膜から離れることで数時間もたてば感染力は失われるのです。感染してから数日間で症状が出るのですが、クラミジアよりは自覚する場合が多いのですが、やはりそれでも感染していることに気づかないまま放置してしまうことが多々あります。

クラミジアと違い女性よりも男性に感染者が多く、排尿時や勃起時などに強い痛みを伴います。尿道から膿が出たり、尿道がかゆくなったり不快感を感じる場合もあります。治療せずに放置した場合、無精子症や、前立腺炎血清液症などになりやすくなってしまいます。

女性の場合ですが、男性よりも自覚症状が出にくく、数か月間ないこともあります。症状が出たとしても膀胱炎や、膣炎などと診断されてしまう事もあります。女性も放置したままだと子宮外妊娠や不妊症になりやすくなってしまいます。淋病は完治できても、再び感染しることもあります。

男性の症状

男性の症状

男性の場合尿道に感染することが多いです。排尿時に激しい痛みを伴う時があり、尿道から黄色や白い膿が出ます。自覚症状が出ないこともあり、その割合は5%ほどです。そのまま放置してしまうと淋菌が体内に残ってしまい無精子症などになってしまう可能性もあります。他にも淋菌性急性前立腺炎などになったり、高熱が出て排尿ができなくなったりもしてしまいます。

女性の症状

女性の場合約8割は自覚症状がないと考えられます。症状が出た場合は、排尿時の痛みや、出血、下腹部痛、膿性の帯下、帯下の増加などがあります。女性でも排尿時に痛みを伴ったり、尿道から膿が出たりします。女性のほとんどが淋病に感染していても症状がない事から、気づかないまま他の人へ感染させてしまうことが多いのです。

そのまま放置してしまうと卵管炎や卵巣炎最悪の場合不妊症などと女性特有の疾患へなってしまうことがあります。妊娠中にもし淋病になってしまった場合、胎児にとっても非常に危険な状態をもたらせてしまうかもしれません。卵管や子宮内膜などに炎症をおこして早産や、早期の破水、低体重でも出産流産などの危険があります。

淋病に有効な治療薬

淋病に有効な治療薬

淋病になった場合、抗生物質での治療が有効的となります。アジスロマイシンを主成分としたジスロマックも治療で扱われています。アジスロマイシンはクラミジアの治療で最も有効的と考えられており、淋病はクラミジアと同時に感染していることが多いので有効的となります。しかし第一選択としてはセフトリアキソンの注射が病院では第一選択としており、もし淋病になった場合は病院で注射による治療がお勧めされています。

淋病は性病のなかでも感染者が多く減少の経過は見られていません。しかし治療薬によって発症していても完治させることができる病気です。放置したままでいると重大な疾患へと結びつきやすくなり、HIVなどに感染する確率は通常の数倍へも膨れ上がります。自分の健康のために、他の人へ感染させないためにも早期発見早期治療を心がけましょう。

Return Top