クラリスロマイシンで対抗

再発しやすい性病として、性器ヘルペスも挙げられます。性器や周辺に水ぶくれなどができ、痒みや痛みを伴います。

性器ヘルペスの症状と治療薬

性器ヘルペスの症状と治療薬

ヘルペスの症状でもある性病

性器ヘルペスは単純ヘルペスが原因で発症する性病です。単純ヘルペスにはⅠ型とⅡがたがあり、性器ヘルペスはⅡ型が原因となっています。性行為によって感染したりしますが、性器の挿入だけではなく性器をなめ合う(オーラルセックス)といった行為でも感染いたします。

ヘルペスの感染者も非常に多く、やはり若い世代での感染者が多くなっています。性器ヘルペスは一度感染してしまうと完治することは難しく、治療しても再び発症してしまうことがあります。体の抵抗力が著しく抵抗している時や、ストレスなどで心因的に疲れている時などに再発症してしまう恐れがあるのです。性器ヘルペスは感染後約10日以内に水ぶくれが作られます。

その水ぶくれがつぶれると他の部位へも感染し次第に広がってしまいます。潰瘍状態へとなるのですが、かなりの痛みを伴い、お尻などにできた場合座るのや寝る事さえ苦痛と感じことがあり、さらに陰部などの感染で排尿の障害や、排便もままならなくなる事もあるのです。

症状が出ない場合もあり、初感染者の場合だと70%ほどが症状が出ないと報告されています。症状が出ない性器ヘルペスの患者もいるという事は覚えておきましょう。感染していることを検査や診断する場合ですが、特有的な水ぶくれや潰瘍に対しての痛みなどですぐ診断することができます。ウィルスの細胞検査をすることもでき、抗体血液検査などが用いられます。

ヘルペスの有効的な治療薬

ヘルペスの有効的な治療薬

ヘルペスの治療方法ですが、抗ヘルペス剤のバルトレックスを経口投与します。再発防止を抑制するため通常1年間服用を続けるのと、外用薬として軟膏などを患部に塗ります。バルトレックスの主成分であるバラシクロビルはウイルスに対して有効的で、抗ウイルス剤に分類されます。ヘルペスウイルスの増殖を防ぎ、再発防止にも繋がります。

バルトレックスは性器ヘルペス以外にもヘルペスの治療で使われており、同じウイルスで感染してしまう水ぼうそうの治療などにも使われています。ウイルスの感染細胞内で活性化、ウィルスのDNA鎖の伸長を止め、ウィルスのDNAが複製されるのを防いでくれます。ゾビラックス(アシクロビル)のプロドラッグと呼ばれており、体の中で抗ウイルスの働きをもつアシクロビルに変え効果を発揮させます。体内への吸収率が非常によく。1日1回から3回の服用となっています。

先述のようにヘルペスの治療は症状を抑えることはできるのですが、残念なことに原因を無くすことはできません。ウイルスを殺すという作用がないためです。そのため体内にのこたウイルスは神経節へ潜り込んで休眠します。そして抵抗力が落ちたその時にまた活動を始めるのです。しかしバルトレックスは再発を抑制られますので、ヘルペスが発症しやすい人はバルトレックスの治療がお勧めとなっています。

口唇ヘルペスからも性器ヘルペスに波及する

口唇ヘルペスからも性器ヘルペスに波及する

性器ヘルペスは文字通り性器にできるヘルペスですが、その他にも口の周りに出来る症状もあります。口唇ヘルペスと言いますが単純ヘルペスⅠ型によって発症いたします。しかし、性器を舐めるなどと言った行為でも性器ヘルペスへと感染してしまうので、一概にも必ず分類されるわけではありません。

感染した患部はひりひりしたりむずがゆさを感じて、その後10日の間に1~2mmほどの水ぶくれや赤いぶつぶつしたものが作られます。それが破れると潰瘍へとなってしまいます。男性は太ももあたりのリンパに激しい痛みを感じたり、亀頭部分や陰茎などに症状が表れます。そして肛門付近や直腸などにも症状が出る場合もあります。

女性は基本的には同じですが、外陰や膣付近、肛門にかけて症状が出ます。水ぶくれが破れたものが他の部位へと感染を拡大させ広がることもあり、子宮頸管や膀胱までに関s年拡大へとなる場合もあります。初めて感染した時は症状も軽いことが多々あり、症状が治まるまでの期間も短くなります。殆どの人が1年以内に再発すると考えられており、治療とともに再発を防止させる必要もあるのです。

Return Top